従業員がサイバーセキュリティを理解することは容易ではありません。サイバー犯罪に起因するコストは年間数十億ドルかかり、それが軽減されることはありません。 従業員を教育し、 彼らの行動の重要性を理解させることが大切な要因となります。これを達成するために、いままで馴染みのないツール、「ゲーミフィケーション」に頼るのはいかがでしょうか。

 

「ゲーミフィケーション」とは何ですか?

「ゲーミフィケーション」は、学習システムを改善するためにさまざまな手法を使用する方法です。それはもちろん、子供たちの教育的指導に関連していますが、他の分野にもますます応用されています。たとえば、企業では、労働者や顧客をより効果的に訓練するためにゲーミングを使用することができます。「ゲーミフィケーション」という用語は、2008年に初めて登場しましたが、その概念は人間の学習の固有の特徴です。

ゲーミングでは、あたかもゲームの一部であるかのように、尊重されなければならない特定のルールとメカニズムがあります。 ルールでプレーする報酬は、レベルと得点のシステムで構成されています。 これにより、特定の分野を獲得するのに役立つゲームダイナミックが生成されます。 また、より効率的な指導方法を構築することができます。しかし、これはどのように企業に適用したら良いでしょうか?

ゲームによるイノベーション

多くの企業が懐疑的になっていますが、実際に、ゲーミングは従業員に確立されたルールを習得させ、従わせる非常に効果的なシステムです。 現在、 フォード・モーター・カンパニーデロイトPwCなどの大手企業は 、これらの技術を活用し優れた成果を得ています。 この技術は、従業員の関わりを深め、特に若い人や新しい人材の育成に役立ちます。そのため「ゲーミフィケーション」は、最善のセキュリティ対策にも適用可能であると言えます。

サイバーセキュリティ教育計画を評価する方法

従業員は、セキュリティ侵害が発生しそうな状況を特定するスキルを取得できます。これは、IT部門が脅威を緩和し予防するのに役立ちます。また、従業員の間に「セキュリティカルチャー」を作り出すのにも役立ちます。

良いゲームプログラムを設計するには、まず、私たちが管理するコンテンツについて考える必要があります。ただし、より簡素化されたもの、重要なものに焦点を当てます。

次の重要なポイントは、ゲームの中でインタラクティブな素材を生成することです。これは従来の学習よりも77%効率的であることが証明されており、ほぼあらゆる状況で使用できます。

最後に、得点システム、ランキング、および評価は非常に効果的です。 また、賞品、賞金、昇進などの具体的なインセンティブで報酬を付与することも良いでしょう。従業員が「ゲームをする」ための努力を過小評価しないように注意することが重要です。 最終的な目標は、学習することです。学習することがゲームの一部として提供される場合は、かなり効果的になります。「ゲーミフィケーション」を適切に使用する方法を理解しているならば、今後会社の安全を確保するための大きな可能性があります。